アックインテリジェンス通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:ハーバードビジネスレビュー 戦略の定石、戦略の死角

<<   作成日時 : 2006/02/19 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

【Executive Summary】 グローバルを目指すより・・・
「戦略の定石」と言うタイトルが示す通り、強みを知り生かす戦略や、BSC、アンテナを高くする方法、コストと付加価値のトレードオフを克服する方法など、以前から研究され提言されている戦略の要点について、本書では新たな言葉と視点で論じられている。異なるのは、以前はローカル市場だけ考えていればよかったが、現在はリージョナル、グローバルな視点が必要となっていることだ。企業によってはグローバルを目指すことが最終目的ではなく、リージョナルやローカルな競争で勝つことがもっと重要かもしれない。

【Points to Note】 特集記事の要点
すべての企業に「利き手」がある ジェフリー・A・ムーア
企業は「複雑系モデル」と「大量生産モデル」に大別できるが、企業には「利き手」がありいずれかのモデルを選択せざるをえない。

グローバル競争とリージョナル戦略 パンカジュ・ゲマワット
地域経済化が進んでいる昨今、グローバル競争よりも狭く、各国市場におけるローカル戦略よりも広いリージョナル戦略が重要になっている。本稿では、5つの戦略タイプで海外事業を捉え直す。

シンク・ローカル、アクト・ローカル ブルース・グリーンワルト、ジャッド・カーン
言い古されたことだが「経営の効率化」は戦略ではない。戦略とは競争優位を生み出すことで、「顧客の囲い込み」、「新規技術」、「規模の経済」で実現されるが、この戦略はローカル市場でしか正常に機能しない。

戦略管理オフィスの活用法 ロバート・S・キャプラン、デイビッド・P・ノートン
BSCをきちんと実践するためには、戦略の管理が重要だ。BSCプロジェクトを成功させている企業には、BSCと戦略を継続的に管理する「戦略管理オフィス(OSM)が設置されている。本稿でOSMを紹介する。

生き残る企業は「周辺視野」が広い ジョージ・S・ディ、ポール・J・H・シューメーカー
市場の変化を捉え成功するためには、市場変化の予兆を見逃さないことが重要だ。そのためには「周辺視野」の強化が必要であり、測定法も確立する必要がある。本稿ではその方法を紹介する。

「イノベーションの均衡点」を探せ マーク・ゴッドフレッドソン、キース・アスピネル
顧客満足の実現、市場シェアの死守、競合他社との差別化などの目的で新製品開発を行う企業は多いが、そのためにかえってコストが増大したり業務が複雑になったりすることがある。新製品開発と、それに伴うコストや複雑性とのバランスの見極めと管理法について、本稿で掘り下げる。

【コメント】 理論、理屈も大事だが、実践するほうがもっと大事で、かつ、難しい
現状分析やそれに基づく過去の事例との対比などは、興味深く面白いこともあるが、普遍化し過ぎると、かえって参考にしにくい場合がある。HBRの戦略論はその傾向が強いように思うが、本書ではハウツーものもあり、バランスを図っているようだ。

単なる「MBA君」なのか、理論も実践もできる「MBAホルダー」なのか。興味のあり所によって見定めることができるかもしれない。

おススメ度:★★★★☆
温故知新と新しい理論・方法論を知りたい方に。戦略企画スタッフ、マネジメント向け 

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 03月号 [雑誌]
Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2006年 03月号

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハーバードビジネスレビュー日本版
カタカナ語が多いのでいやになりますが、時々、すばらしい仕事のヒントが書いてあります。 目を通しておく価値があります ...続きを見る
本のソムリエの今日の名言
2006/03/04 10:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書評:ハーバードビジネスレビュー 戦略の定石、戦略の死角 アックインテリジェンス通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる