アックインテリジェンス通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:経営者になる経営者を育てる BCG戦略リーダーシップ

<<   作成日時 : 2006/04/25 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

【Executive Summary】5つのスキルを体験と習慣で習得せよ
日本企業を代表する7人の経営者とのインタビューと、筆者のボストンコンサルティングでの経験から抽出した経営者として必須のスキルを5つにまとめ、インタビューの発言を交えながら紹介し、その習得法を解説する。インタビューの発言はいずれも興味深く示唆に富み、その部分だけ拾い読みしても面白いくらいだ。
経営者に必要なスキルは、左脳的な科学系スキルと右脳的なアート系スキルで、優秀な経営者ほど後者のスキルに秀でており、しかも両スキルをバランスよく活用している。前者は形式知化しているのでMBAや読書などで容易に学べるが、後者は暗黙知であるので習得が難しいと説く。

【Points to Note】 5つのスキルと、その習得法
※本書では、以下の7人の経営者にインタビューをしている
出井伸之氏(ソニー)、稲盛和夫氏(京セラ)、金川千尋氏(信越化学)、酒井秀樹氏(ヒロセ電機)、鈴木敏文氏(イトーヨーカ堂)、高原慶一郎氏(ユニ・チャーム)、柳井正氏(ユニクロ)

5つのスキル
@強烈な意志
「なにがなんでも成し遂げる」という意志のこと。従って「強烈な意志」は絶対必要条件。
「強烈な意志」の源泉は「高志」と「責任感」。利己的でなく利他的な意志でなければ人はついてこない。

A勇気
4つの勇気が必要:@捨てる勇気 A決断する勇気 Bやめる・変える勇気 C人を切る勇気
そのための3つの要件:@メンタル・タフネス Aリスク管理 B無私の倫理観

Bインサイト
インサイト≠天啓のひらめき。次のような考える「くせ」をつけると習得が可能。
・一歩引いて本質を見る 
・二極性で発想する 
・自分のいつもの考えの逆を考える
・定石は壊して進化させる 
・他人の頭を使う

Cしつこさ
考えるしつこさ(例:Whyを5回、仮説―検証の繰り返し)と、実行のしつこさ(地味に地道に長く継続)しつこく考える人ほど他人の意見に謙虚に耳を傾け、自分の「考える器」を大きくする

Dソフトな統率力
3つのサブスキル:@夢を掲げる能力 A夢を共有する能力 B経営者の人間的魅力
夢の要件は、夢を掲げる原動力としての志の「高さ」と「清さ」

【コメント】 「しつこさ」=「継続は力なり」
本書の中に信越化学工業社長の金川千尋氏の次の言葉がある。「私は長く社長をやっているけれど、例えば社長が3年ごとに変わるというのはおかしいと思う。本当の意味で強い会社は3年程度で作れるはずがない。」

この言葉の正誤は問わず、私は共感する。民社党の党首後退を小泉首相が揶揄するのもまさにこの点だ。

ある会社では、2期続けて社長が体調を崩し交代するという異常事態の上に、組織改変も毎年行われる。これで本書で言う「実行のしつこさ」を追求していると言えるだろうか。朝令暮改もドッグイヤーを生き延びるには大切だが、経営の肝の部分はしつこくしつこく愚直なまでに継続することだと思うのだが、どうか。

オススメ度 ★★★★★
経営者を目指さなくても経営者を育てていなくても、本書から学べることは多い。5つのスキルの習得を目指せば、輝く個人にまた一歩近づく。
経営者になる 経営者を育てる
経営者になる 経営者を育てる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
経営者になる 経営者を育てる
著名経営者の体験を通して見る、経営者に必須な感性スキルとは ...続きを見る
アマゾン 本・CD・DVD ambiz
2006/05/16 10:21
経営者になる 経営者を育てる
著名経営者の体験を通して見る、経営者に必須な感性スキルとは ...続きを見る
アマゾン 本・CD・DVD ambiz
2006/05/16 10:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書評:経営者になる経営者を育てる BCG戦略リーダーシップ アックインテリジェンス通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる