アックインテリジェンス通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:仏になろう 梅原猛の授業

<<   作成日時 : 2006/05/06 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Executive Summary】 日本の「心」の原点は仏教にある
筆者は「若者ばかりではない。日本を引っ張って行くエリートも、宗教も道徳も失ってしまった。(中略)恐るべきはエリート階級がほとんど宗教も道徳もなくしていることです。」と嘆く。仏教と神道が日本人の心だったが、江戸時代の檀家制度、明治維新の廃仏毀釈、敗戦後の国家神の廃止により日本人は宗教を失った。そのため現天皇は無宗教だ。時代を経て宗教離れが進むにつれて日本固有の古来からの道徳心が失われていっている、と著者は言う。殺伐とした事件が起きる現代に必要なのは道徳であり宗教であると著者は提案する。
本書には、十善戒、六波羅蜜、四弘誓願などの仏教の教え、小乗仏教と大乗仏教の違い、日本での仏教の発展の歴史など分かりやすく書かれている。

【Points to Note】 仏教はとても実現し難い教え
十善戒 これはしてはいけないという教え、戒律
 不殺生(ふせっしょう) 人や生物などを殺してはならない
 不偸盗(ふちゅうとう) 盗みをしてはいけない
 不邪淫(ふじゃいん) よこしまなセックスをしてはいけない
 不妄語(ふもうご)   嘘をついてはいけない
 不綺語(ふきご)    きらびやかな言葉を使ってはいけない
 不悪口(ふあっく)    人の悪口を言ってはいけない
 不両舌(ふりょうぜつ) 二枚舌を使ってはいけない
 不慳貪(ふけんどん) 物惜しみをしてはいけない
 不瞋恚(ふしんい)   怒ってはいけない
 不邪見(ふじゃけん)  よこしまな見解を抱いてはいけない

六波羅蜜 こういうことをすべきだという道徳、仏になるために必要な徳
 布施(ふせ)     ものを与えること。無償の愛も含まれる
 持戒(じかい)    苦しみの原因となる愛欲を抑えるために戒を守ること
 忍辱(にんにく)   精神的なことで辱めに耐えること。忍耐とは違う
 精進(しょうじん)  自分の欲望を抑制して自分の心を立派にして一生懸命にやること。努力とは違う
 禅定(ぜんじょう)  精神を落ち着けること
 智慧(ちえ)     世の中の実相を見る智慧を磨くこと。貪(とん)、瞋(じん)、痴(ち)を抑制すること

【コメント】 仏教とは仏になることと見つけたり
「仏教というのは『仏になる』ことであるという教えであるのは確かです。仏教は死ぬことに価値があるわけではないですね。やっぱり死んだらいけません。今は生と言うものの価値が忘れられている。生きているとうそのことだけで、いいことなのです」、「もう一回、仏教本来の道徳を取り戻す。そうしないと、日本の仏教はだめになるばかりか、長い間、仏教の教えを守って磨いてきた日本人の心性が、日本人の魂が、だめになってしまうと思います」 仏教ではなく武士道に拠り所を見る人も居るが、いずれも日本人が古来よりその日常の所作の中で行い、身に付けていた習慣を再度取り戻そうという提案だ。西洋諸国、先進諸国はみな哲学と宗教を持っている。それらの国々に対抗するにはやはり日本人も哲学を持ち宗教を持って、思想の核を形成することが必要だと思う。

オススメ度 ★★★★★
これぞ日本人の原点。戒律を守り徳を身に付けるのは会社経営の真髄に通じる
梅原猛の授業 仏になろう
梅原猛の授業 仏になろう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書評:仏になろう 梅原猛の授業 アックインテリジェンス通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる