アックインテリジェンス通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:HBR リーダーシップ 本物の条件

<<   作成日時 : 2006/08/23 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【Executive Summary】 イマドキのリーダーシップ論
本書では、最近の「ソフト」なリーダーシップ論とは違う観点でリーダーシップ論を展開している。GEやジョンソン大統領の話など、アメリカ人が好むリーダーの姿を描きだしてくれる。日本なら、さしずめプロジェクトXかNHKの大河ドラマか、というところだろうか。時代の状況と将来にマッチしたリーダーが求められる、という記事もあり、本書は、組織が必要とし自らが望むリーダーはどういう素質であるべきか、役割をになうべきか、などについて考えるヒントを与えてくれる。

【Points to Note】 特集記事の要点
GE:内部成長のリーダーシップ
成長を推進するリーダーの5つの資質:外部志向、想像力、明確で分かりやすい思考、包容力、専門性。GEでは過去からの様々なプラクティスを体系化しツールキットにして、未来の事業創造に生かすプロセスを構築している。

20世紀から21世紀のリーダーシップを占う
20世紀の各時代におけるリーダーを分析すると、おおまかに「起業家」、「管理者」、「リーダー」の3タイプに分けられる。それぞれの時代の状況と将来にマッチしたリーダーが求められる。21世紀には概して管理者タイプかリーダータイプのリーダーが必要となるだろう。

リンドン・ジョンソン:理想のために権力を求める
権力を求めるのは悪いことではない。権力を手に入れた後に偉大なリーダーになる人もいる。第36代アメリカ大統領のリンドン・B・ジョンソンはその例である。利己を超えて公益を考えることができるかどうか。本稿では同大統領に詳しいロバート・キャロ氏にインタビューし、経営者が政界のリーダーから学ぶべきことをまとめている。

「鬼上司」の復権
かつて偉大なリーダーはみな怖かった。だが最近は厳格な上司はみな落ちこぼれる時代になったらしい。共感や謙虚さに満ちた物静かなリーダーの時代なのだ。だが、鬼上司には共通の素質「PQ:駆け引きの知能指数(Politics Intelligence)」が備わっており、「SQ:人間関係の知能指数(Social Intelligence)」だけのリーダーには無い良さがある。PQを鍛え活用する方法を論じる。

優れたリーダーは自分の「持ち味」を管理する
リーダーも部下も本物志向の時代。誠実さ、正直さ、高潔さ。本当の自分に裏付けられていること。表面を取り繕ってリーダーを真似ても見破られるだけだ。本物となるには、自己理解、他者理解と状況理解が必要だ。そのうえで、自分を偽らない程度に自分を演出する演技力が必要だ。

明確なメッセージが人と組織を動かす
特にリーダーは自分の語る言葉が同じ定義で部下に理解されているかどうか注意すべきである。解釈には誤解がつきものだ。誤解は企業の求心力推進力を弱めてしまう。リーダー自ら語る言葉の定義を明らかにして、わかるように伝えることが必要だ。特に、組織体制と階層、財務業績、リーダーの仕事観、時間管理、企業文化の5つの点は共通認識を作る必要がある。

リーダーシップの進化プロセス
意思決定スタイルは情報の活用法と選択肢の設定を縦横軸にとることで4つに分類できる。@決断型(Decisive)必要最小限の情報で満足し、目的は一つに絞る、A論理型(Hierarchic)多くの情報を得ようとするが目標は一つ、B柔軟型(Flexible)最小限の情報で満足するが選択肢が多い、C統合型(Integrate)情報も選択肢も多い。1人の同じ人でも立場や責任によってスタイルを変えることがある。

ロイヤルティ・プログラムを見直す法
いまや全世界で様々なものにロイヤルティ・プログラムは導入されているが失敗例はきりが無い。顧客の囲い込みやつなぎ止め、購買の拡大、購買行動分析などの目的を果たせないものも多い。特典を特別なものにするちょっとした工夫がライバルに差をつける。

【コメント】 結局リーダーって?
結局リーダーシップ論とはその時代に生きる人たちが望むリーダーの理想像を反映するものでしかないのかもしれない。本書では、「誰もがリーダーである。リーダーは共感と謙虚で物静かな素質が必要」という最近のリーダーシップ論から離れ、リーダー=先立つ人としてのリーダーシップのあるべき姿について論じている。いずれのリーダーシップ論も、自分が何をしたいか何をすべきかがあってのこと。それがなければ、そもそもリーダーになるべきでない。

おススメ度:★★★☆☆
リーダーシップに興味のある方向け。「ロイヤルティ・プログラムを見直す法」という記事は  オススメ。

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2006年 09月号 [雑誌]
Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2006年 09月号 [雑誌]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書評:HBR リーダーシップ 本物の条件 アックインテリジェンス通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる