アックインテリジェンス通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:ハーバード・ビジネス・レビュー3月号 リーダーシップを問い直す時

<<   作成日時 : 2007/04/12 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Executive Summary】 リーダーシップを再考する
リーダーシップをWikiで見ると、「多数の人間を一人の人間に従わせること」とある。意思決定を行う指揮、労力や資源を配分・管理する統制、心的作用による統御の三機能から構成される。平社員でも部課長クラスでも、なんらかの形でリーダー的な役割をすることは多々あるはず。本書では、リーダーの資質、心構え、陥りやすい失敗、そこから抜け出す方法などについての提案がされている。大切なのは、自らを謙虚に振り返り、自分自身のリーダーシップ・スタイルを理解することだ。強みを生かし、弱みを克服して、理想とするリーダー像へと精進しよう。

【Points to Note】 特集記事の要点
自問と自省のすすめ −昇進と共に諫言は減っていく
リーダーは孤独だ。より多くの人を従えるほど孤独感は増す。それゆえ唯我独尊に走ることもある。だが他者からの諫言は期待すべきでない。自分自身に適切な問いを投げ検討し、そのプロセスを重視する。7つの点で適切な問いをしよう。@ビジョンと優先課題、Aタイム・マネジメント、Bフィードバック、C継投プラン、D現状認識と調整、Eプレッシャーの状態、F自分を見つめる

新任マネジャーはなぜつまずいてしまうのか ―幻想と真実のギャップ
自己研鑽の結果マネジャーに任命されたとしても、すぐにマネジャーにはなれない。自己研鑽する能力と他者を指揮・統制・制御する能力とは別物だ。他者の理解や支援を得ずにこの能力は発揮できないのだが、往々にして、新米マネジャーは自ら孤独なリーダーになろうとして孤立してしまう。リーダーシップは地位に付随するものではない。実践の中で獲得するものである。

人脈の戦略 −エグゼクティブに不可欠な3つの人間関係
マネジャーが優れたリーダーへと成長するには、@仕事上のネットワーク、A個人的なネットワーク、B戦略上のネットワークが必要だ。だが人脈作りが下手だと自認する人や、政治的だと嫌う人もいる。だが、人脈はあらゆる場面で助けになる。人脈を構築する能力は習うのではなく覚えるもの。判断力と直観力が必要となる。人脈作りに長けた人を観察し、試行錯誤と挫折を繰り返す中で信頼できる人脈ができるはずだ。

勇気の計算 −「勇気ある行動」はスキルである
不正の内部告発など「勇気ある行動」を起こせる人と起こせない人がいる。起こせる人は、6つのプロセスを踏んでいることが明らかになった。@第一目標と第二目標を定める、A目標の重要性を確認する、B組織を見方につける、Cリスクと利益を比較検討する、Dタイミングを図る、E次善策を考えておく。組織における勇気は単なる倫理的価値観に基づく行動ではなく、このプロセスを踏み、政治的な判断を含むものだ。

失脚から復活する方法 −堕ちたリーダーが甦る時
リーダーは常に失脚するリスクを抱えている。失脚しても失意のどん底から這い上がったリーダー達には共通点があった。@反撃に転じる方法を決める、A支援者を募る、B英雄的地位を取り戻す、C真実の勇気を示す、D英雄的氏名を実現させる。 (アメリカ的ヒーローを思い描けばよい。)

CEO交代のマネジメント −変革後に待ち受けている課題
アメリカ企業ではCEOの交代は頻繁だ。株主など利害関係者の期待を満足できなければ交代だ。業績を好転させたCEOでも業績の維持のスキルが高いとは限らず、維持できなければ交代だ。株主によって交代させられるか、自らを変革して交代をさけるか。究極の選択である。

【コメント】 理念を与えれば人は動く
冒頭、「経営者は、事業の成功に対する強烈な意欲を持つ。これを理念に表し、それを着実に実行する方法を生み出すものが辞表の性向を継続しうる」とある。リーダーシップとは、この理念を明示し、率先して実践し、周りと価値観を共有し、協働していくプロセスと言えるだろう。経営の本質は人にある。人は使命感を持つと自立・自律して行動する。現代のリーダーシップの理想は、他を生かすところにある、というのが本書のメッセージであるように思う。

おススメ度:★★★★☆
他人をあげつらうのではなく、自らを振り返ってみよう。
Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2007年 03月号 [雑誌]
Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2007年 03月号 [雑誌]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書評:ハーバード・ビジネス・レビュー3月号 リーダーシップを問い直す時 アックインテリジェンス通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる