アックインテリジェンス通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:世界でひとつだけの幸せ

<<   作成日時 : 2007/06/12 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Executive Summary】 ポジティブ心理学とは
アメリカ心理学会会長のM.セリグマン、ペンシルバニア大学教授が提唱するのは、ポジティブ心理学による予防である。これまでの心理学は病気を発症した人に対する治療に焦点を当てており、原因はその人の過去に問題があるとする考えが主流であった。本書で著者は、より幸せに生きることは精神疾患の予防につながり、なにより、その人がその人らしい幸せな人生を送ることが出来るようになると言う。その方法を幾つか提示している。例えば、論理行動療法に基づいたABCDEモデルや、性格判断による6つの美徳と24種類の強み、とっておきの強みをさらに高める方法など。本書は、人生の意義を考える助けにもなる。

【Points to Note】 
ABCDEモデル
A:困った状況(Adversity)
B:思い込み(Belief) 困った状況で機械的に抱く思い込み
C:結末(Consequence) 思い込みによっておきる結末
D:反論(Disputation) 思い込みに対する反論
E:元気づけ(Energization) 反論した後の元気づけ

6つの美徳
古今東西の哲学書や経典から導き出した文化を超えた普遍の美徳。それぞれの美徳を得るための24種類の強みがある。

1.知恵と知識:@好奇心と関心、A学習意欲、B判断力・批判的思考・偏見のなさ、C独創性・創意工夫、D社会的知性・個人的知性、E将来の見通し
2.勇気:F武勇と勇敢さ、G勤勉・粘り強さ・継続的努力、H誠実・純粋・正直、
3.愛情と人間性:I思いやりと寛大さ、J愛することと愛されること、
4.正義:K協調性・義務感・チームワーク・忠誠心、L公平さと公正さ、Mリーダーシップ
5.節度:N自制心、O慎重さ・思慮深さ・注意深さ、P謙虚さと慎み深さ、
6.精神性と超越性:Q審美眼、R感謝の念、S希望・楽観主義・未来に対する前向きな姿勢、(21)精神性・目的意識・信念・信仰心、(22)寛容さと慈悲深さ、(23)ユーモアと陽気さ、(24)熱意・情熱・意気込み

※本書で簡単な自己診断ができる。詳しくは、英語のサイトを参照。
http://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/

【コメント】 「ポジティブだね」とは違う
「ポジティブだね」と「ネガティブだね」は、積極的か消極的か、あるいは、前向きか後ろ向きか、楽観的か悲観的か、を表す対語である。前に「ポジティブ思考、ポジティブシンキング」が流行ったときの捉え方だ。物事の良い面だけを見て、困ったこと苦しいことは見ないように考えないようにしようという考え方だ。ポジティブ心理学はこれとはちょっと違う。確かに物事の良い面を見ようということなのだが、性格や考え方、自分の価値観そのものをポジティブにして幸せを感じて生きよう、そのためには自分の強みを生かして美徳を磨こう、という考え方だ。幸せになる、のではなく、幸せを感じる生き方だ。足るを知る生き方とも言える。物質的、刹那的な現代社会において、とても大事な見方を提言していると思う。

オススメ度 ★★★★★
ちょっと怪しげな思想本に見えますが、意外とマジメな本です。
世界でひとつだけの幸せ―ポジティブ心理学が教えてくれる満ち足りた人生
世界でひとつだけの幸せ―ポジティブ心理学が教えてくれる満ち足りた人生

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書評:世界でひとつだけの幸せ アックインテリジェンス通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる