アックインテリジェンス通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:ヤバい経済学

<<   作成日時 : 2006/07/18 13:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Executive Summary】 経済学というよりも社会学?
新進気鋭の経済学者と自他ともに認める筆者が経済学の手法(回帰分析など)を用いて世の中の疑問を解き明かす。New York Times紙のコラムにも執筆中。例えば、子どもの名前を統計的に分析することによって子育てのさまざまな要因との相関関係を分析する話は、着眼点は面白いが「それで?だからどうした?」という結論があいまいなために単なる「へぇ~」で終わってしまう。相撲の八百長の分析や、ベーグル屋さんの支払いのごまかしの話など、確かに面白いが…。

日本語訳は後半に進むほど砕けた感じになっていき、テンポは良いのだが、人によっては不快に感じるかもしれない。(少なくとも私は余り好きではない)。

【Points to Note】 筆者が感じた疑問とは
学校の先生と相撲の力士、どこが同じ?
八百長で負けるのが第一級の罪であり、相撲が神国第一級のスポーツであるならば、八百長で負けるなんてことは相撲ではありえない。そうでしょう?
→でもデータを見ると、7勝7敗の力士の8勝6敗の力士に対する期待勝率は約50%であるのに対し、実際は80%で勝利している。同様に9勝5敗の力士に対する期待勝率も焼く50%であるのに対し、実際は約70%強となっている。そして、次の場所で同じ力士と対戦した場合の勝率は50%である。納得?

KKKと不動産屋さん、どこが同じ?
家を売るというのはたぶん、あなたが一生で経験する一番大きな金融取引だし、不動産の取引経験なんてだぶんほとんどないだろうし。あなたの恐怖は売れないこと、売れたとしても安い価格で売れること。不動産屋さんの仕事はちょうどいい落としどころを見つけることだ。でも不動産屋さんからみたらあなたはカモだ。情報を恐怖に変える不動産屋の言いなりだ。でも、情報を悪用するのは不動産屋だけじゃないよ。

犯罪者はみんなどこへ消えた?
犯罪者になるのは貧困層から生まれた子に多い。中絶希望者は貧困層に多い。中絶を認めたら、犯罪率が低下した。生まれていたら犯罪者になるはずの子ども達が中絶によって生まれなかったからだ。

完璧な子育てとは?
親がどんな人か、の方が、親が何をするか、よりも子育てに対する影響は大きい。諸説あるけれど、子育てに本当に一番大切なのはあなたがどんな人なのかなのだ。

【コメント】 これが全米100万部のベストセラー?
筆者の感じた疑問が面白いかと問われれば面白いかもね、と答えるだろう。まさに、「へぇ、へぇ」と叩きたくなるようなものだ。つまり、世間一般が面白おかしく取り上げるような類の問題だ。見方によれば軽佻浮薄とも取れる。これらの疑問に答えが出たからといって、世界が平和になるわけでもない。単に野次馬的興味本位の好奇心が満たされるだけである。

これが、「フラット化する世界」と並んで、全米100万部のベストセラーだという。「フラット化する世界」で固くこわばった脳と心をこの本でほぐし、世間を、社会を、世界を軽くあしらい笑い飛ばそうという作戦だろうか。

ベストセラーと言うので翻訳を待っていたが、これは期待はずれだった。

オススメ度 ☆☆☆☆☆
私はオススメできません。私の本はマーケットプレイスへ行ってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書評:ヤバい経済学 アックインテリジェンス通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる