アックインテリジェンス通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評:御手洗富士夫 強いニッポン

<<   作成日時 : 2007/01/14 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【Executive Summary】
「希望の国」とは、国民が豊かで幸せな暮らしを送ることができ、国際的にも尊敬され、親しまれる国のことだ。そういう国であるためには、いろいろな意味で「強い国」でなければならない。同氏はそう述べ、産業界は萎縮することなくもっと積極的に打って出るべきだと主張する。他にも、ニート問題や少子化対策、愛国心の問題などにも触れている。同氏の発言は、経団連の会長として、経済界の思想のバックボーンを為す。「美しい国」との対比をするには良い一冊である。

【コメント】  「希望の国」ニッポン
経団連会長御手洗富士夫氏の講演や対談などを新書にまとめたもので、同氏の信念である「日本のものづくりはまだ強い」と言う点と、「希望の国、ニッポンを作ろう」という点が顕著に表されている。同氏はキヤノンの社長として同社を回復させた経験を持ち、経営手腕は非常に評価されている。現場を大切にし、人を大切にする一方で、キャッシュフローで経営判断を行うなど、西洋と東洋の経営手法を総合している。同氏が主張する「希望の国」は、まさに、ひとりひとりがやるべきことを行い、未来を築こう、という希望にあふれている。「美しい」という言葉にはない力強さと熱意、決心がある。
御手洗冨士夫「強いニッポン」
御手洗冨士夫「強いニッポン」 (朝日新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
書評:御手洗富士夫 強いニッポン アックインテリジェンス通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる